注目の記事 PICK UP!

パデルってどんなスポーツ?ーパデルとは:めちゃグングンに伸びてるスポーツ!

パデルというスポーツをご存知でしょうか?急激に競技者数が増えてきているスポーツです。オリンピックの競技に選ばれる時期も近いのではないでしょうか。「そんなパデルを知らないのはもったいない!」ということで、本記事では、パデルというスポーツについて、ゆるーく簡単にまとめます。

パデルってなに?

question-mark-1722865_640

では、まずパデルの立ち位置を別の分野で例えたいと思います。

みなさん、スムージーはご存知ですか?
・・・皆さんご存知ですね。実際には飲んだこともない方も名前だけは知っているという感じですかね。

では、back numberは?
・・・そうですね、最近とても勢いがあるグループさんではないでしょうか。

それでは、パデルは?
・・・え、知らない?

そのくらいのレベル感です。知っていないと「え、知らないの?」となるレベルだと思ってください。。。!
※少し盛ってます

そんなパデルについて、一通りをざっくり紹介いたします。

では参りまーす。

  1. 概要
  2. 歴史と現在
  3. ルール

パデルの概要

squash-793063_640
もし「パデルってどんなスポーツ?」と聞かれたら「テニスみたいなやつ」と答えます。

「スカッシュって何?」と聞かれた時の答え方と同じですね。

何が違うかというと、

コートが壁に囲まれている

です。

他にもコートの大きさやラケットのサイズなど様々違いがあるのですが、そこらへんは一旦置いておきます。

「それスカッシュやん」との声、ありがとうございます。

スカッシュと違う点は、パデルはコートの形自体はテニスと同じです。

つまり、自分の陣地と相手陣地があります。あと、天井は基本閉じていません。

「壁に囲まれているテニスコートでテニスをする」というのが一番早い理解かと思います。

で、これの何が良いかというと、、、

初心者が試合をできるようになるまでが早い!

これにつきます。

なぜかというと、コートが壁に囲まれており、コートに2バウンドしなければ打ち返しが有効なので、

早くて取れない球も壁に跳ね返ったあとを打てば、ラリーが続く、という仕組みです。

考えた人はだいぶ頭がいいですね。

初心者も30分ほど練習すれば経験者と試合が成り立つレベルまで上達すると言われています。

パデルというスポーツを簡単にまとめると「初心者にも優しいテニス」で、その理由としては、

  • コートが壁で囲まれている←ここが大事
  • コートが少しテニスより小さい(運動量が少なくなる)
  • ラケットが少し短い(テニスよりボールを捉えやすい)

といったところですね。

パデルの歴史

スタートは意外に結構前で、1970年まで遡ります。

1970年というとドリフターズの「ドリフのズンドコ節」がヒットした年で、

マライア・キャリーの生まれ年、日本にケンタッキー・フライド・チキンの1号店が名古屋にオープンした年です。

ちなみに、パデルの競技人口はスペインだけでも500万人ほどおり、テニスの競技人口を超えております。

テニスは紀元前のエジプトから始まっているので、凄まじい勢いですね。

初心者でもすぐに取り組める、というのが良いのかもしれません。

パデルのルール

rules-1752405_640
さぁ、それではざっくりルール説明です、ゲームスタンバイ!

①2 vs 2で行います。

パデルはダブルスのみになります。シングルスはありません。

テニスの王子様でいうと、越前リョーマくんが出番がないです。

②あとはだいたいテニスと同じです。

サーブの仕方や、少し細かいファールの規定もありますが、一旦は気にせず楽しみましょう。やりながら覚えることがオススメです。

最後に

世界中でグングン伸びているスポーツで、日本でもどんどん人気が出てきています。

プレイできる場所も作られてきていますので、友達と一緒に試してみてはいかがでしょう。

感想も聞かせてください!

それではーまたー

関連記事

  1. スポーツバーって儲かるの?〜売っているのは夢でした〜

  2. 2017年 箱根駅伝の見所はこちら!〜優勝予想、注目選手は?〜

  3. 2017年フェアリーSを初心者が予想してみた〜初心者・素人が勝つための競馬予想〜

  4. 勝つのはズバリこの馬だ! 2017年シンザン記念を初心者が予想してみた!〜決定版〜

  5. 2017年 シンザン記念を競馬初心者が様々な要素を元に予想してみた!

  6. 駅伝のルールと魅力を知ろう!〜概要、繰り上げ、順位の決め方などなど〜

PAGE TOP