注目の記事 PICK UP!

勝ち馬はどれだ? 初心者のための「パドック」の見極め方

競馬でどの馬が勝つのか、オッズとにらめっこしているだけではなかなか当てるのは難しいでしょう。そこで重要なのが”パドック”です。パドックには馬の調子を探るのにたくさんのヒントが詰まっています。また、競馬の魅力をさらに高めてくれる大事なルーティンです!初心者の方向けにパドックで見るべきポイントをまとめました!

競馬の勝ち方の基本的な理論についてはこちらの記事にまとめてあるので最初にお読みください!

馬の調子を探れ!パドックとは?

競馬の走者が生き物である馬である以上、その日のコンディションが良い時もあれば悪い時もあるでしょう。

さらに、馬は言葉を話せないので自分の調子を我々人間に伝えることができません。

そこで馬のコンディションを見極めるのに有効なのが「パドック」を観察することです。

競馬初心者の方は聞き慣れない言葉かもしれないのでまずパドックとはなにか説明します。

パドックとはレースの前に、出走する馬が厩務員(馬のお世話係の人)に手綱で引かれながらお客さんの前をのそのそと歩く行為を指します。

我々が唯一、レース前に馬の調子を肉眼で確認できる機会といっても過言ではありません。

注意してほしいこととしては、その会場で行われるレース会場でないと直接見ることはできません。

当然といえば当然ですが、自分は浦和競馬場にいるのに大井競馬場で行われるレースのパドックを生で見ることは物理的に不可能です。

中継でその場にいなくても放送されますが、画面越しになるのでやはり現地の会場に足を運ぶことをオススメします!

また、パドックには馬の気持ちを落ち着かせる目的も含まれています。

そのため、大声で馬を驚かせたり、フラッシュ撮影など馬を威嚇、刺激する行為は禁止されています。

初めての競馬場で興奮のあまり以上のような行為で他の方に迷惑をかけないように注意しましょう。。。

パドックで見るべきポイント

では実際にパドックではどのようなポイントを見ていけば良いのでしょうか?

見ておいた方がいいポイントがいくつかあるので小出しにして紹介していきます!

パドックの際、どこを歩いているか

まず抑えておきたいのがパドックの時に、馬がパドックの会場の外側を歩いているか、それとも内側を歩いているのかということです。

パドックは出走する馬が会場をぐるぐると等間隔で回ります。

歩くペースの速い、元気満々な馬は前を歩く馬に追いついてしまうため、外側を歩かせることでこれを防ぎます。

一方、歩くのが遅い、元気のない馬は後ろを歩く馬に追いつかれないようになるべく会場の内側を回ります。

外側を歩くとレース前に余計な距離を歩くので体力の消耗が早いという意見もあるようですが、個人的にはそれよりもやる気がある、早くレースをしたいという兆候だと考えます。

そのためパドックで外側を歩いている馬を探しましょう!

注意してほしいポイントとして、パドックの会場が長方形の競馬場ではこの戦法は通用しません。

なぜなら、円形の場合は外回りをすると歩く距離が長くなりますが、長方形の会場だと直線が長くなるので内側を歩こうが、外側を歩こうが歩く距離はほとんど変わらないからです。

そのため、パドック会場が円形か長方形を確認してからどこを歩いているか観察しましょう。

歩くペースはどうか

歩く場所と付随して、どのようなペースでパドックを行なっているかも重要な要素です。

スムーズに歩いている馬を選ぶようにしましょう。

逆に、止まっては進んで、進んでは止まったり、厩務員が制御するので精一杯のような馬はパドックの時点では決して良い馬とは言えません。

また、どこか痛めていて思うように足が出ない可能性もありますので、このようなパドックの馬には注意しましょう。

落ち着いているか

パドックの時点で尋常じゃないような汗をかいてしまっていたり、首を上下に激しく振るなどいかにも興奮状態の馬はおすすめできません。

逆に、周りをキョドキョドと不安そうに見回している馬も同様に良くありません。

パドックの時、注目すべきポイントはズバリ耳です!

これは本能的なもので、馬の心理状態を読み取るのに最も有効な体の部位になります。

馬は人間と違って両耳を前後左右別々に、自由に動かすことができます。

レースに集中できている馬は両耳がぴーんとまっすぐ前、またはやや外側を向いています。


一方、周りが気になる、集中力が散漫になっている馬は耳が様々な方向を向いてしまっています。

理由として、周囲の情報をなるべく把握したい、レースの準備ができていないと言うことが言えます。

さらに、耳が立っていない、伏せてしまっている馬は注意が必要です。

本能的に耳が立っていない=耳をかじられるのを防ぐという心理に由来しています。

パドックの際、周りの馬に耳をかじられないように警戒している時点でレースに集中できていないのは明白です。

是非パドックでは耳に注目してみてください!

パドックはあくまで1つの要因

ここまで初心者の方のためのパドックで見るべきポイントを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

他にもパドックで見るべきポイントはいくつもありますが、まずは以上のことに注意してパドックを観察してみてください!

ただ、パドックの時点で非常に優秀、文句なしでもレースに勝てるとは限りませんし、逆もまた然りです。

もちろんパドックを見ないよりも参考にした方がいいのはもちろんです。

しかし、それに依存しすぎない、要因の1つとして考えた方がベターでしょう。

長年、競馬に携わっている方でもパドックだけでは勝ち馬を予想するのは難しいと口を揃えて言っています。

もし、自分が買おうとしている馬のパドックがイマイチだった場合は賭け金を減らすなど自分なりのアプローチを探すようにするのが良いと思います。

ただ、パドックも競馬の魅力であることは変わりないので、次の日曜日は開催会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

弊社は飲食関係のメディアも展開中です!競馬ファンなら是非読んでいただきたいのがこの記事↓

競馬が好きな方、モツ煮が好きな方は必見です!他の競馬好きな友達にドヤ顔で教えちゃってください!

関連記事

  1. 初心者さん必見!ちょっと難しい競馬用語を徹底解説!

  2. 血は争えない?ー競馬初心者・素人のための”血統”のお話

  3. 目指せ億万長者?初心者のための競馬のルールと買い方

  4. 2017年の京成杯を素人が過去データを参考に真剣予想してみた!

  5. 騎手(ジョッキー)になるには〜栄光を掴むまでの険しい道のり〜

  6. 初心者・素人のための競馬予想「期待値」とはなにか〜

PAGE TOP