注目の記事 PICK UP!

初心者・素人のための競馬予想「期待値」とはなにか〜

競馬をやりたい、競馬で当てたい、勝ちたい。しかし、「なにを根拠に買えばいいのかわからない!」。そんな競馬初心者の方のために闇雲に馬券を買うのではなく、しっかりとした理由、根拠を「期待値」という概念から購入時に持っていただくポイントまでを本記事では説明したいと思います。競馬を見る目が180度変わります!

競馬の還元率のお話

競馬の基本的な買い方(単勝、馬単、三連単など)がわからない方はこちらの記事をまず参照してください!

競馬をする上で知っておいて方が良いこととして、ギャンブルには還元率というものが存在します。

読んで字のごとく、どれぐらいプレーヤーに胴元が還元するかを表す率ですが、ギャンブルによってその還元率は異なります。

日本で行うことができるギャンブルの還元率はおおよそこのようになっています。

日本のギャンブル還元率一覧

ギャンブルの種類 還元率
パチンコ、スロット 約80〜85%
競馬、競艇、競輪、オートレース 約75%
toto(サッカーくじ) 約50%
宝くじ 約45%

だいたいの還元率は上の表のようになっています。

競馬で言えば還元率が75%なので1,000円使えば750円返ってきて、100万円使えば75万円返ってくるようにオッズは調整されています。

逆に言えば適当に買い続けても投資額の75%は回収できるという考え方もできますよね。

また、競馬の払い戻し金は私たち馬券購入者の総額から還元されています。

購入者全員の総額が1,000万円だとしたら750万円を的中者で分配するわけで、的中者が1人しかいなかったらその750万円を総取りできます。

競馬における期待値とは?


競馬で必ず勝つ方法があります。それは期待値が100%以上になるように購入し続けることです。

ここで出てきた「期待値」という言葉ですが、わかりやすくサイコロで例えてみましょう。

(算数もしくは数学を思い出した方もしっかりついてきてください!)

Q,サイコロを振って、出た数×100円もらえるゲームがあったとしましょう。

挑戦料100円だった場合、あなたはこのゲームに挑戦しますか?

 

A,もちろんした方がいいでしょう。なぜなら1が出てもチャラ、6が出れば500円プラスになりますよね。

Q,では挑戦料が200円になったらどうでしょうか?

 

A,やりましょう。有無も言わずにやりましょう。

1が出たら100円マイナスですが、3,4,5,6が出ればプラスになります。

Q,ではでは挑戦料が400円だったらどうでしょうか?

A,やめましょう。有無も言わずにやめましょう。

というのも、サイコロの目の平均は3.5(サイコロの目の合計である21÷サイコロの面の数である6)なので挑戦料350円で期待値100%。


挑戦料350円で、サイコロが正六面体ならばこのゲームをやり続けるとプラスマイナスゼロに回数を重ねる毎に収束していきます。

逆に300円なら回数×50円やればやるほど儲かる理屈になります。

期待値とはある試行を行ったとき,その結果として得られる数値の平均値のことで100%でプラマイゼロになります。

競馬における期待値の算出方法はオッズ×勝率で出すことができます。

オッズはレースが始まる直前まで変動しますが、勝率はネットで過去の成績がすぐに出てきますので馬券を買う前に出走表をみてメモしておいきましょう。

期待値が高い馬はどれだ?


ここでクイズです。以下4頭の中で最も期待値が高い馬はどれでしょうか?

 馬名  オッズ  勝率
カミカゼホース 1.2 80%
ゴールデンサンダー 1.9 60%
オチムシャ 15.0 10%
ブラックドラゴン 3.0 45%

馬の名前が稚拙なのは関係ありません。先入観なしで期待値を追ってみましょう。

ではそれぞれの期待値を計算してみましょう!

  1. カミカゼホース 1.2×0.8=0.96 期待値96%
  2. ゴールデンサンダー 1.9×0.6=1.14 期待値114%
  3. オチムシャ 15.0×0.15=1.5 期待値150%
  4. ブラックドラゴン 3.0×0.45=1.35 期待値135%

期待値が最も高い馬は3番のオチムシャになります。

名前がいかにも弱そうだからという理由で最初に除外しませんでしたか?

逆に躍動感満載のカミカゼホースは期待値がマイナスです。

注意して欲しいのは期待値という概念は回数を重ねないとその期待値に収束しません。

今回の例で言えばオチムシャが最も高い期待値でしたが、10回に1回しか勝てないというシュミレーションの元であり、5連勝することもあれば20連敗することもあるということです。

走るのは機械ではなく、生き物であるということ


ここまで期待値という概念で競馬の勝ち方を説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

しかし、競馬の魅力でもあり、逆に厄介なのが走るのが馬であるということです。

もし、走るのが全自動のマシーンであれば期待値はより正確に収束するでしょう。

しかし、走るのは馬という生き物である以上、レース当日の調子、体調、得手不得手なコース、枠順、天候など多くの外的要因が確率を変動させます。

また、大きなレースのみしか買わない、つまり試行回数を多く重ねられない人はこの10回、20回に1回しか勝てない馬を購入するのはリスクが高いです。

そのような方のために以上に羅列した外的要因を馬券購入の根拠にする記事も以下にありますので、ぜひ参考にしてください!

ただ、競馬に限らずギャンブル全般に期待値という考え方は勝つために絶対に必要な要素です。

今後、馬券を買う前にお手元のスマホで電卓を開いてみてはいかがでしょうか?

弊社は飲食関係のメディアも展開中です!競馬ファンなら是非読んでいただきたいのがこの記事↓

競馬が好きな方、モツ煮が好きな方は必見です!他の競馬好きな友達にドヤ顔で教えちゃってください!

関連記事

  1. 勝ち馬はどれだ? 初心者のための「パドック」の見極め方

  2. 2017年の京成杯を素人が過去データを参考に真剣予想してみた!

  3. 初心者さん必見!ちょっと難しい競馬用語を徹底解説!

  4. 目指せ億万長者?初心者のための競馬のルールと買い方

  5. 騎手(ジョッキー)になるには〜栄光を掴むまでの険しい道のり〜

  6. 血は争えない?ー競馬初心者・素人のための”血統”のお話

PAGE TOP