注目の記事 PICK UP!

それどこのグローブ?コアな野球ブランド(メーカー)を一挙紹介!

どの業界にも「万人に人気ではないものの、ある一定層から根強い人気を誇るブランド、メーカー」というものが必ず存在します。それは野球メーカーにも然りで、プロ、アマ問わずプレイヤーのパフォーマンスを支えています。今回はそういったポジショニングで躍動しているコアなメーカーを紹介します。

万人受けメーカーVSコアメーカー

chess-1709631_640
万人受けするメーカーかニッチ層に人気なコアメーカーか、これは記事を執筆している私自身の独断と偏見ということをまず先にお断りさせていただきます。

異論反論はあるかもしれませんが、そこまで的外れなことを言っているわけではないと自負しております。

また、どちらが優れていて、どちらが劣っているというわけではありませんので悪しからず。

まず、万人が使っている野球メーカーがMizunoやasicsといった野球以外にも多くのスポーツ用品も展開している知名度的にも有名なメーカーが多いです。

以前ご紹介した記事も参考にしてもらえると幸いです。

以上のようなメーカーを万人受けメーカーと定義し、それに対して今回はコアなメーカーをいくつか紹介していきたいと思います。

桑田投手も愛用していた「ワールドペガサス」

61q048sgdyl-_sl1200_

出典:amazon

まず紹介したいのがワールドペガサスという野球メーカーです。

1990年には12球団のうち6球団の開幕投手がこのメーカーのグラブを使っていたほど人気メーカーでしたが、最近は使用している人が少し減ってきた印象です。

特に印象的だったのが高校野球界、プロ野球界で一世を風靡したK.Kコンビの一人である桑田選手がワールドペガサスを使用していました。

個人的にはWorld Pegasus の頭文字のWとPをモチーフにしたロゴは非常にクールなデザインだと思います。

キャッチャーミットと言えばこのメーカー「ハタケヤマ」

51xmizfuibl

出典:amazon

キャッチャーミットで根強い人気があるのがハタケヤマです。

野球で守備の要と言われ、試合の中で一番捕球機会が多いキャッチャーに愛用されている点からもこだわりの強さが垣間見れます。

2011年のプロ野球開幕戦では、スタメンマスクをかぶった12名の捕手のうち、8名がハタケヤマのミットを使用していたという程ですので驚きです。

親御さんは息子さんがキャッチャーをやりたいと言ったらぜひハタケヤマのミットを購入してあげることを勧めます。

今大注目の野球メーカー「ドナイヤ」

51di0bg8k0l

今回この記事を書くにあたって一番紹介したかったのがドナイヤという彗星の如く現われた野球メーカー。

野球をそこまで知らない方からするとメーカー名を聞いてもまさに「どないやねん」と感じた方も多いかもしれません。

まず、この会社は奈良県にある社員が1人しかいないという超小規模な会社で、名前の由来は「どないなもんや」から来ているようです。

普通、プロ野球の選手のグラブというのはメーカーと契約し、自分の手の型に合ったものを専用で無償で作ってもらいます。

アマチュアのプレイヤーもオーダーメイドのグローブを作ってもらうことは可能ですが、いかんせん高い。とっても高い。。。

スーツと同じで自分にしか合わない専用なものって手間がかかるから高価になるのは致し方無いことなんですよね。

しかし、プロ野球というメディア露出度が高い団体となると無料支給でも十分すぎる宣伝になるのでメーカーはこぞってライセンス契約を結ぶのです。

そんな中、このドナイヤは2015年に前人未踏の2年連続トリプルスリーのヤクルトスワローズの山田選手と契約を結ぶまで、プロ野球選手でさえ自腹でグラブを購入していたというのです。

さらに、オーダーメイドという概念が存在せず、既存製品をプロ野球選手が使用していたというのですから驚きを隠せません。

先ほどのスーツの例えでわかりやすく言えば、ハリウッド男優が市販のスーツを自腹で購入し、映画出演をしているのと同様といっても過言ではありません。

ですので、アマチュアの我々でもお金を払えばプロと同じ品質のグラブでプレーできるという事なんです!

形からプロ野球選手を味わうならドナイヤで決まりです。

高校野球でといえば「玉澤」

41swmszw5nl

出典:amazon

ここまで、プロ野球に焦点を絞ってメーカーを紹介してきましたが、次は高校野球で人気のメーカーを見てみましょう。

プロ野球選手はほぼ毎日試合があるものの、試合中に1球も打球が飛んでこないということもゼロではありませんが、高校野球は違います。

毎日毎日ハードな練習で身も心もくたくた。激しいノックを受ければグラブはもっとくたくたです。

そんな中、高校野球界で人気なメーカーが玉澤です。

上にある画像のロゴはローマ字ですが、まさに「玉澤」といったロゴのものもあります。
71xjonwxjfl-_sl1200_

出典:amazon

見てくださいこの「玉澤」感。たまりません。

この漢感。私は凄い好きです。(個人の勝手な感想です。)

玉澤のグラブを使っているというだけで野球に真摯に取り組んでいるというのが手に取るようにわかります。(個人の勝手な感想です。)

玉澤のグラブを使っている人に悪い人はいません。(個人の勝手な感想です。)

女子高生でこの記事をもし読んでいる方がいれば、クラスの野球部員にどこのメーカーのグラブを使っているか聞いてみてください。

玉澤なら迷わず告白しましょう。(個人の勝手な推奨です。)

上から読んでも下から読んでも「xanax」

611flgqk5yl-_sl1000_

出典:amazon

最後に紹介したいのがxanax(ザナックス)という野球メーカーです。

個人的に思い入れが強いメーカーなので強引に紹介させていただきます。

小学校で野球を始め、いわゆる万人受けメーカーのグラブでプレーしていた私ですが、中学に入り「人とは違うものがいい」と中二病をこじらせ選んだのがこのxanaxでした。

周りから「あいつxanax使ってるよ」と一目置かれていました。

寿司屋で中学生の友達はこぞってマグロを食す中、コハダをどや顔で食べているような感覚でした。

みんなと一緒はやだ!と個性を大事にしている人はxanaxで決まりです。

メーカーを見ると野球をもっと楽しめる

baseball-1518236_640

ここまでコアな野球メーカーを中心に紹介してきましたが、これからはこの知識を元に野球を観戦しましょう。

特にわかりやすいのがやはりグラブだと思います。

あなたの口から「去年と違うメーカーのグラブにしてから守備がうまくなったよね」なんて言えるようになったらもう野球通です。

そのためにもそれぞれのメーカーの特徴をなんとなく把握しておくのは非常に重要です。

また、お子さんにグラブを買う機会があった時に自分のこだわりをなすりつけてしまいましょう。

経験談ですが、自分が買ってもらったグラブのメーカーというの案外記憶残るものですので、それも考慮してお子さんのグラブ選びをしてください。

弊社は飲食関係のメディアも展開中です!今の時期読んでいただきたいのがこの記事↓

競馬が好きな方、モツ煮が好きな方は必見です!競馬好きな友達にドヤ顔で教えちゃってください!

関連記事

  1. 野球界最高の名誉-“永久欠番”とは?

  2. 野球の基礎(用具編)-WBC前に覚えておきたい!

  3. ピッチャーの成績〜防御率ってなに?初心者でも簡単にわかる防御率のお話〜

  4. プロ野球チームざっくり紹介! その②【パ・リーグ編】

  5. 野球観戦デート前必見![女子編]〜用意って何をすれば良いの?〜

  6. 野球のドラフト会議ってどんな会議?-ルールは?「プロ志願届け」ってなに?

  7. バントは不要?イマドキの2番バッター事情〜ポイントはOPS〜

  8. No.1投手の勲章!沢村賞ってどんな賞なの?

  9. 野球観戦デート前必見![男編]

PAGE TOP